福島のワンコたち(転載)

20110411

ブロ友さんのかずみんさんのブログで、
福島でペット達のレスキューをしている団体さんからの
転載希望の記事が載っていたので、
少しでも多くの人の目に止れば、、、と思って、転載させていただきます。


(以下原文)



今福島県では、原発から半径20㌔圏内の避難指示地域と、30㌔圏内の屋内退避地域に残っている犬・猫達の救出を行っています。



保健所の収容施設では全ての子達を保護出来ませんので、現在数百匹入る大きな施設を建設中です。(先日、県の担当者から連絡を頂きました)



保護した子達は飼い主さんが見つかるまで、長期に渡って保護されますし、処分などありません



しかし福島県には、大きな問題があります



それは他県から震災直後に犬や猫達を保護する目的で福島県に来た保護団体が、福島県や警察に保護届出をする事無く連れ去ってしまい、飼い主が必死に探している問題です。



自宅に定期的にエサやりに帰っている方もいるのですが、次に自宅へ戻った時に誘拐されている事もあります。



福島県の子達を助けてくれた事は本当に嬉しいですし、感謝申し上げたいと思います



でもお願いです



福島県で保護した方々は、写真と保護した場所の届出をして下さい



このままでは飼い主さんを探す事も出来ませんし、無断で連れ帰った場合窃盗の罪になります。



それに原発から半径20㌔圏内、30㌔圏内で保護した子達は被爆している可能性が強くなります。



放射性物質は洗った程度では簡単に落ちません



それに放射性物質を調べるスクリーニングは、福島県内では大きな施設、保健福祉事務所でしか出来ません



簡単なキットでは正確に測定出来ません



被爆した犬や猫を連れ帰った場合、2次被爆の可能性もゼロではありません



皆様の周りで福島県の子を保護している方がいらっしゃいましたら、今からでも遅くはありませんので保護届出をお願いしたいと思います



多くの皆様のお力をぜひお借りし、本当の飼い主へ被災した子を返したいと思います。

記事の転載、拡散のご協力、よろしくお願い致します



(転載終了)


現地でレスキューしている各保護団体さんには、本当に頭が下がります。

一頭でも多くの命が助かりますように、そして、

無事に飼い主さんと再会できるように願ってやみません。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
ご訪問ありがとうございます!

tae

Author:tae
9年間の一人っ子生活に
とうとう終止符が!
妹、舞亜の成長と
おうじろうとの関係の変化を
綴っていきたいと思ってます♪
フタリが仲良くなれるように
応援お願いします(笑)
舞亜とやっと慣れたとおもったら、
今度はやんちゃな弟がやってきた(笑)
どうなるおうじろう!

オカメインコのコタロウも時々出演します♪

おうじろうは?
2003年8月17日生
まいあは?
2012年5月11日生
みずきは?
2015年4月24日生
ポチっとね
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最近の記事
最近のコメント
Camera&Lens
Camera
Nikon D40
Nikon D7000 (tae)
Nikon D300s (toto)
リンク
FC2カウンター
カテゴリー
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Pagetop