七回忌

20160217

今日は父の七回忌の命日。

2010年2月17日。

あれから、6年、早いな~。

何かとドラマチックだった父の人生(笑)

最後まで演出されたかのように、

意識不明で救急搬送された日は嵐で、
雨風吹き荒れる中、病院と父の家を往復しました。
道中、漠然と「ドラマみたいだな~」と思ってました。

そして、亡くなった日は天気が良かったのに、
亡くなった直後に雪が降り出しました。

同じ日に、父が大好きだった藤田まことさんも亡くなりました。
翌日の朝、新聞見た時に号泣してしまったことを思い出します。
大好きだった俳優さんと同じ日に逝くなんて。。。

同じ年に「さぶろーさん」も亡くなりました。
鉄子ちゃんのブログを、
父が亡くなる直前と重ね合わせてしまって、
ハラハラしながら拝見してました。
今頃は鉄子ちゃんと再会してほっとしてるでしょうか。
それとも、まだ来るのは早いよ!と怒ってるでしょうか。

この年は大好きだった、憧れの「leon王子」も
虹の橋のたもとへお散歩に行ってしまいました。
朝一、ブログを見た時の衝撃は今でも忘れられません。

そして、オカメインコ友達の「ゆずちゃん」もこの年に天使になりました。
会社でそのことを知り、涙でグズグズした状態で仕事してたのを思い出します。
ゆーさん、かわいかったなぁ~~~。
父の写真みても涙は出ないけど(^-^;A←親不幸ものですみません。
ゆーさんの写真見ると、今でも涙が出てくるわ(T^T)

おうじろうがまだ4ヶ月くらいの時。
01*1-虎太郎と鷹次郎と父2
この頃は父もおうじろうもコタロウも若いわ(*^^*)

亡くなる10ヶ月くらい前の写真。
02*2-DSC_0880
後ろの車、新車で買ったばかり。
まさか、この10ヶ月後に亡くなるんて、
夢にも思ってなかった。

でも、後から思えばこの頃いつもジャージ姿だったのは、
すでに腹水がたまってお腹が大きくなってたからだったのね。

私は知らなかったんだけど、腹水が溜まっては、
病院で抜いてもらってたみたいです。

最後のお正月は病院の中で過ごしました。
03*3-DSC_5983
弟ファミリーもきて、もしかしたら、最初で最後の家族写真だったかも(^-^;A

父は私が小学生の時に離婚して、
私達姉弟は父に引き取られました。
(いわゆる父子家庭)

まだ母がいた頃はあちこち旅行に行ってたけど、
離婚してからはどこにも行ったことがないので、
こういう父と一緒に写ってる写真はないと思う。

特に弟はまだ幼くて、おそらく弟の記憶の中には
「家族旅行」「お誕生会」「クリスマス会」等
家族イベントはないと思う。
実際、やってなかったし(^-^;A

ちょっと気の毒な少年時代だったな。。。
そのせいもあって、父は弟に甘かった(笑)

その弟も今や2児の父親。
立派にお父さん業をこなしています。
えらい、えらい!

父の最後の2ヶ月間はほぼ、毎日のように病院通いでした。
途中、退院を許されて2週間ほど、同居していましたが、
その間もほぼ父にかかりきり状態。
04*4-DSC_6154
はっと気づけば、おうじろうの態度が( ̄∇ ̄;

表情が(T T)
05*5-DSC_6165

名前を呼んでも、
06*6-DSC_6177

なだめてもすかしても、
07*7-DSC_6073

もう、ボクはいらないコなんです。。。的な(^-^;A
08*8-DSC_6079
それまで、朝も夜もお散歩してたのに、
まるでできない日も増えたしね(^-^;A

家の中で遊ぶ時間も減ったし。。。

おうじろうの拗ねた背中で終わるのもアレなんで、
09*9-CIMG4647
父の家に遊びに行った時のおうじろうも張っておこう(笑)

まだ、若いね(*^^*)
10*10-CIMG4667
4才の終わりか5才になりたての頃。
けっこう、胸毛もフサフサしてるじゃない(笑)

これは別の日、じぃじが遊んでくれるのを待ってます♪
11*11-CIMG5772

これも別の日、じぃじのおひざの上で♪
12*12-CIMG7756

おうじろうと一緒に歩きたがらなかった父が、
13*13-CIMG7768
初めておうじろうのリードを持ってくれた(^^)
でも、結局、これが最初で最後だったな~。

前も書いたけど、父が最後の入院の前に言ってくれた、
「おうじろうはかわいいな~」
という言葉が何よりも嬉しかったです♪

「いやなことが7あっても、3いいことがあれば、
その3のいいことだけを考えて生きていけばいいんだよ」
子供の頃から何かと不遇な人生を送ってきた父の言葉。

父の人生を考えた時、父は幸せだったのだろうか?と
思う時がある。

子供の頃から父は自分の望んだものとは、
いつも、違う人生を強いられてきた。
節目節目で、投げやりになってもいいくらいの
挫折感を味わってきた。

だから、私達にはいつも
「好きなように生きろ」
と言ってくれていた。

私が幼い頃は、穏やかで優しい父だった。
離婚してからは、怖い父になった。
そして、私が大人になってから感じたのは、
本当は弱くて、やはり優しい父だった。
そして、いつの時も私の味方をしてくれた。

私は病床の父に
「いつも私を守ってくれてありがとう」
と言えたことが、幸せだったと思う。
父は毎日、泣いていたけれど、
私の顔を見ると、
「お前の顔を見るとほっとする」
と言ってもらえたことも幸せだったと思う。

なんだか、ほんとにドラマみたいだな(笑)

そろそろ、本気で父の遺品整理をしなくては(^-^;A
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
毎年、少しづつ処分してるんだけどね~
関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2010.05.27が父の命日でした。
同じ年でしたね。
そのときメールいただいて
とても心が癒されました。
いろんなお話してくださって・・・
ほんとにお世話になりました。

鉄子のことも書いてくださってうれしいです。
そうですねー
父は「まだ早いぞ」って言いながらも
ニコニコと鉄子と遊んでると思います。
二人とも幸せでした。

お父様も救急搬送されたりして大変だったけれど
きっと今は安らかにお眠りになっていますね。
おうちゃんもいろいろ大変だったのねー
えらかったね。

*お返事です(^^)*

コメントありがとうございます ゚☆,。・:*:・゚(*^^*)

【拍手コメMさん】
いつも、拍手コメありがとう〜〜〜♪

父のこと褒めてくれてありがとう〜〜〜(*^^*)
きっと空の上でふんぞり返ってると思います(笑)
そうそう、前向きに生きていかなくてはね。
お互いにいろいろと頑張りましょう〜〜〜♪


【鍵コメMさん】
いい父でした♪
怖かったけど、優しかった(笑)
「親孝行」は「しなきゃ」いけないものではないと思います〜。
親に迷惑かけず、自分達が幸せに暮らしていくことが
一番の親孝行かと♪
だから、鍵コメさんも充分に親孝行されてると思いますよ(*^^*)


【愛子さん】
私の方こそ、愛子さんとメールのやり取りをさせてもらって、
すごく心が慰められました。
その節はいろいろとありがとうございました。

あ、そうですね!
さぶろーさん、怒ったりしないですよね(^-^;A
「まだ早いぞ!」って言いながら、
きっと鉄子ちゃんをぎゅ〜〜〜っと抱きしめてますね♪

救急搬送された後は意識も取り戻して、
一時退院も出来たけど、
怒濤の2ヶ月でした(^-^;A
おうじろうは淋しい思いをさせてしまいました( ̄∇ ̄;

非公開コメント
ご訪問ありがとうございます!

tae

Author:tae
9年間の一人っ子生活に
とうとう終止符が!
妹、舞亜の成長と
おうじろうとの関係の変化を
綴っていきたいと思ってます♪
フタリが仲良くなれるように
応援お願いします(笑)
舞亜とやっと慣れたとおもったら、
今度はやんちゃな弟がやってきた(笑)
どうなるおうじろう!

オカメインコのコタロウも時々出演します♪

おうじろうは?
2003年8月17日生
まいあは?
2012年5月11日生
みずきは?
2015年4月24日生
最近の記事+コメント
ポチっとね
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Camera&Lens
Camera
Nikon D40
Nikon D7000 (tae)
Nikon D300s (toto)
リンク
FC2カウンター
カテゴリー
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Pagetop